英語えほん研究会は〇〇の場です♡

 

先日【英語えほん研究会】にご参加いただいたお母さんから

こんなご感想をいただきました!

 

ぜひ、シェアさせてください^^

 

ママ英語講座で学んだことが蘇りました…♡

 

 「ママ英語講座で読み聞かせを学んだはずなのに、仕事や家事のバタバタで1日があっという間に過ぎてしまうのと、子供も日々どんどん大きくなっていくから『いろいろやらせなきゃいけない』という焦りから、私自身学ぶ前の状態に戻ってる気がしていました(´;ω;`)

なので、定期的にまたママ英語仲間と学ぶ場を設けていただいたのがとても嬉しいです!」

 ありがとうございます!喜んでいただけて、私も大変嬉しいです。
そして、私自身もみなさんから刺激を受けてとても有意義な時間をいただいております(^^)/

 
 そうですよね~。日常に戻れば、家事に育児に仕事に…と、女性は自分のことは二の次三の次にしてしまいがちですよね。

残念なことにそんな慌ただしい中では、8回で学んだ【ママ英語講座】での叡智は、きっと時として頭の隅に追いやられてしまうことも多々あると思います。

私もまったく同じ想いでいます!
それほど環境には、自分の望まないほうへ押し流されてしまうほど大きなパワーがあります。

ですが、ご安心を。

習慣になったらこっちのもの!
習慣づくまでちょっとだけ続けることを意識してみてくださいね。
その一つとして、この【英語えほん研究会】をご活用いただければ嬉しいです^^

そして、継続のコツは楽しむこと。

なんと言っても大人だからこそ”自由”なんですから、
楽しまないと損ですね!

直接会える皆様とだからできるオモシロイこと。
どんどんしていこうと思ってます( ´艸`)

一週間、二週間 そして一ヵ月、がんばったご自身のエネルギーチャージの場としてもお越しください♡

 

 

英語のモヤモヤ…聞きたかったことが解消される場です♡
 
 

 「自分の課題の中に、”学んだことを自分の言葉にすること”の他に”英語の上達”があったので、フォニックスや会話表現など、初歩から英語を教えてもらえるのもありがたかったです。」

 大人になった今だからこそ、基本を学びなおすことで飛躍も早いですよね!
しかも、その基本中の基本を学生時代に習ってなかったりするのも英語あるあるです。

私自身、学生時代は英語に苦手意識がありました。
文法やリスニング そして受験のための英語教育につまづきまくった人間です(^^;)
どちらかと言えば英語に興味、Nothing!
そんな私が高校を卒業後、英語を人並みに学ぶようになってから、「これは習得してよかったな」と思えることや「これを知っておけば英語学習は楽だったな」と思うことをお伝えさせていただいております。

ですが、私が感じているのはお母さんたちの英語力より問題は、”心のブロック”だったりします。

『英語が話せたらいいのにな~』

そう思ってらっしゃる方の多いこと!

話してみると、実はもう基本の英単語も文法もちゃ~んと身に着けてるお母さんたちが多いんですよ^^

ほこりかぶってて、忘れてるだけ♪
苦手と決めつけて、遠くのかなたに追いやっているだけ♪

英語絵本からなら自然と覚えて日常で活用できちゃいますよ。

どうぞ、ここで本来のご自分を思い出しに来てくださいね。

 

 

仲間で学ぶと発見がたくさんありました!

 

 「ちょうど、子供が私が選ぶ本に興味を持ってくれないとモヤモヤしていたところでした。

プリ・リーディングをみんなでやってみて自分にはない視点に気づけましたし、プリ・リーディングの大切さを再確認しました。

みんなで依存し合うのではなくて、それぞれが自分の課題に向き合うための学びの場だと思いました。」

仲間の力は偉大です!

自分ひとりで学ぶのももちろん大切ですが、仲間の力を借りるのは特段学びの早さと深さが違いますね。

人の意見に触れられる機会ってとっても貴重。

しかも、いつものママ友ではありません^^
大人になってから子供を介さない、色々話せる友達ができるって素晴らしいですよね。

しかも、【ママ英語講座】で強くしなやかな自分軸に磨きをかけたお母さんたちがほとんどなので、穏やかにのびのびとお付き合いができる方たちばかりなのも特徴です。

類は友を呼ぶ、ですね。

 

プリ・リーディング…子供に読み聞かせる前に、事前に本の内容や、それにまつわる情報などを調べておくなどの手法。詳しくは、【ママ英語講座】の中で学ぶことができます。

 今回ご感想をいただいたYさん。心より感謝を申し上げます^^
ありがとうございました!

 2人のお子さんを育てる、キャリアママのYさん。
ちょうど上のお子さんが思春期に入り、一般的には難しい年頃に入るころですよね。

 彼女のお話からよく感じるキーワードは、 「以前の自分だったら周りの動向に左右されて焦ってしまったけど、今は目の前の我が子を見て一つ一つ丁寧に向き合い、選ぶことができている」 ということ。

 

人生という大海原でどんな航海をしようとも、どんな嵐が来ようとも、錨があるから流されない。

流されないだけでなく柔軟にゆらゆらしつつも戻ってこられる。

強くしなやかな自分軸を持つということは、それに似ていると連想しました。

 

 とっても素晴らしい感性と周りから学ぼうとする謙虚な姿勢は、いつも私が学ばせていただいております^^


無料で学べる!英語教育「本当」のお話

親として知っておきたい!
英語教育「本当」のお話をたっぷりお伝えしています。